あま酒の豆知識
トップ > あま酒の豆知識 > あま酒のよくあるQ&A

あま酒のよくあるQ&A

質問

あま酒に使用しているお米の産地はどこですか?

回答

弊社ではアメリカ米を使用しております。

質問

原材料表示に「寒天」が記載されていますが、何の目的で入っていますか?

回答

弊社のあま酒には「寒天」が入っておりますが、これは食物繊維を含ませる効果とあま酒の固形分と液体分の分離を抑える効果のためです。

質問

あま酒は常温で保存できますか?

回答

弊社のあま酒は要冷蔵商品となっておりますので、必ず冷蔵庫にて保管をしてください。

質問

あま酒の栄養成分について教えて下さい。

回答

アミノ酸、ブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖など、栄養成分が多く含まれております。昔から「飲む点滴」と言われるくらい、栄養価の高い飲み物です。

質問

あま酒はペットボトルのまま電子レンジで加熱できますか?

回答

あま酒を温める際には、必ず別の容器に移してから加熱をして下さい。 ペットボトルのまま加熱をした場合、沸騰によって中身が噴き出したり、容器が破損をする恐れがあり大変危険ですのでお止めください。

質問

あま酒の開栓後の賞味期限を教えて下さい。

回答

弊社のあま酒は製造から2ヶ月間となっております。(一部、3ヶ月の商品あり)開栓後はなるべく早めにお飲みいただくことをお勧めいたします。

質問

あま酒に「酒」と書かれているのに、アルコールが入っていないのはなぜですか?

回答

一説では、お酒と製造の仕方が良く似ており、あま酒と名付けられたとの話があります。酒粕を原料に使われている場合や製造過程でアルコールを含むものもございますが、弊社の商品はアルコールは入っておりません。

質問

あま酒を買ってしばらく冷蔵庫に置いていたら、あま酒の上の方が分離していますがなぜですか?
飲んでも大丈夫ですか?

回答

長く置いておくと、あま酒の液体分と固形分が分離してしまいますが、品質的には問題はございません。増粘剤などで分離を抑える事もできますが、弊社のあま酒は無添加ですので、添加物の増粘剤が入っておりませんので、長く置いておくと分離してしまいます。お飲みの際には、よく振ってからお飲み下さい。

質問

あま酒を購入後そのまま常温で置いてしまいました。飲んでも大丈夫ですか?

回答

弊社のあま酒は、要冷蔵商品です。保存料等は一切使用しておりませんので、保存温度が10℃以上となりますと酵母・乳酸菌の発酵により、酸味等が出る場合があるため、必ず冷蔵庫に入れ、開栓後はなるべくお早めにお召し上がり下さい。

質問

貴社のあま酒は酒粕を使っていますか?

回答

弊社のあま酒は酒粕は使用しておりません。麹から製造しておりますので、アルコール分も含まれておりません。

質問

貴社のあま酒は無加糖で砂糖が入っていますか? 砂糖が入っていないのに、なぜこんなに甘いのですか?

回答

弊社のあま酒には砂糖は入っておりません。甘さについては、原料の米・米麹のでんぷん質が分解され糖分へ変化(糖化)したもので、後から加えた甘さではなく自然に作られる甘さです。

質問

あま酒と冷やしあま酒は何が違いますか?

回答

原材料は同じですが、製造工程が若干違います。 冷やしあま酒は、冷やしてお飲みいただけるよう通常よりも甘味を抑えてスッキリとした味わいに仕上げております。

質問

貴社のあま酒は薄めずにそのまま飲めますか?

回答

弊社のあま酒は濃縮タイプではなくストレートタイプですので、そのままお飲みいただけます。

質問

あま酒は主にどのような時に飲んでいたのか?

回答

昔から米農家が収穫を感謝するため、あま酒を振舞ったり供える風習がありました。 埼玉県秩父市の神社では、あま酒を裸で掛け合い一年の悪病を退散させるめずらしいお祭もあるようです。 地元の徳島県でも、正月や雛祭り、秋祭りなどであま酒を振舞い飲む習慣があり、昔から親しまれてきた飲み物です。現在ではあま酒に豊富な栄養素が含まれていることが知られ、健康飲料としても注目されております。