1000年以上も昔から日本人に親しまれてきたお味噌やあま酒は、日本人の健康と食文化を守り続けてきた優れた食品といえるでしょう。また最近では、健康ブームや和食ブームにより、その価値が見直されてきています。こちらでは、お味噌について詳しくご紹介します。

日本人と味噌

戦後、日本人の食生活は大きく様変わりし、欧米化が進みました。しかしその中でも味噌(みそ汁)は日本の食生活に深く根ざし、 欠かすことのできない食べ物です。その味噌の誕生、効能などをご紹介します。

味噌の起源は中国大陸にあります。古代中国の醤(ひしお)を元に日本の風土にあった工夫がなされ、約1200年が過ぎ、味噌は日本人の生活に無くてはならないものとなりました。

味噌は産地や原料により色や味、香りも変わります。大豆を原料とし麹の種類によって米みそ、麦みそ、 豆みその大きく3つに分けられます。一般的に「みそ」と言うときは、主に米味噌を指し、全国シェアの 約80%を占めています。色も白、赤、淡色など様々で、味も辛口、甘口など全国各地の風土に根ざしたみそがあります。

味噌は美味しいだけでなく、栄養学的にも非常に優れた食品で、脳卒中の防止や消化を助ける機能など、 まさに「医者要らず」の食品です。日本古来から受け継がれてきた健康食としての味噌を末永く愛用することで、 食生活の乱れが問題視されている現代を、健康的に過ごすことが出来るのです。